名古屋のガラス修理屋さん

カード支払い対応 お見積もり無料受付中 365日年中無休 即日対応します
ガラスのトラブルはおまかせください。施工実績9万件以上 割れたガラスは無料で処分します。ガラスの種類で料金は異なります。
web限定で1,000円割引いたします。名古屋のガラス修理・交換の無料電話相談はこちら。受付時間 朝7時から夜24時 土日祝・夜間対応 即日解決

窓ガラスにガラスクリーナーはNG?窓ガラスを簡単にキレイにする方法

一般的な窓ガラスのお掃除は、大抵窓ガラス専用の洗剤を吹きつけてから、乾いたぞうきんなどで拭くことが多いと思います。でも、日常的にこんな作業を行うのは面倒。
もっと簡単な掃除方法はないかな?と考えたことはありませんか?

そこで、慣れてくるとものの数十秒で一枚のガラスをキレイにできる掃除方法をご紹介します。

そもそも、ガラス用の洗剤って、本当に必要?

ビルの窓の清掃業者さんを見ているとわかりますが、窓の掃除に洗剤を使っていないことがほとんどです。でも、彼らは窓をピカピカに磨き上げます。これは一体どういうこと?

家庭用に様々な用途の洗剤が商品化されていますが、本当はこんなに細かく使い分ける必要はないのです。
ポイントは、中性か、アルカリ性か、といった液性の問題。もしもガラスに洗剤を用いるとしたら、台所用の中性洗剤で十分なんですよ。

台所洗剤を窓の掃除に用いる場合は、100倍くらいに水で薄めて霧吹きに入れて使います。洗剤を使う場合はこれでOKです。窓の内側の掃除には、基本的には洗剤は必要ありません。

ぞうきんや布巾は必要?

それでは、手間に感じることのひとつ、ガラス拭きについてはどうでしょう?
特に、外側の窓の仕上げのガラス拭きは、ホコリや汚れがついたぞうきんを何度も洗うなどの手間も。

その割には、「体力、気力を奪われる割に、あまりキレイにならない…」、
「拭いたあとが筋になって残ってしまい、残念な仕上がりに。」といった事態も珍しくありません。

実は、窓ガラスの掃除に拭き掃除は必要ありません今まで大変な思いをしていた水拭き、乾拭きとは、もうさよならしましょう。それでは、どうやったら窓用洗剤もぞうきんもなしに窓ガラスをキレイにできるのか、その方法を詳しく見ていきましょう。

必要なのはスクイージーと霧吹きだけ

窓ガラスのお掃除に是非おすすめしたい便利な商品は、「スクイージー」。
ワイパーのようなものに持ち手がついた、T字型の掃除道具です。用途は主に水切り。
これを使って窓ガラスの掃除をします。

土などがこびりついている場合は、割り箸などで崩して取っておきます。
汚れが酷くない時は、水かぬるま湯を霧吹きで軽く窓ガラス全体に吹きつけます。
スクイージーを使い、まずは窓ガラスの上部から横方向に動かして水を切っていきます。
一段目が終わったら二段目というように、同じ方向に向かって、順序良く。
続いて、縦方向に動かし、順に水を切っていきます。

これらの作業は自分の利き手と反対方向からスタートするとラクですよ。

窓の掃除はこれで完了です。拭き掃除は必要ありません。
もしも霧吹きがなければ、ぞうきんを緩く絞ったもので窓ガラスをさっと撫でて、その水分をスクイージーで切っていきます。

汚れが酷い場合は、台所用の中性洗剤を水で100倍に薄めたものをスプレーしてからスクイージーを使います。
ポイントは、水分をスプレーする時、あまり多くかけすぎないこと。慣れてくると数十秒で一枚の窓の掃除を終えることができます。

内側の窓は、冬場結露している場合はスクイージーを使うだけでキレイになります。
乾いた状態の時は軽く水分をスプレーしてスクイージーをかけましょう。窓の下に水分が流れますので、拭くのが面倒な人ははじめにタオルなどを細く折り畳んで水分受け用に窓のサッシの部分にはさんでおくと良いでしょう。

まとめ

作業の面倒さからついつい大掃除に回しがちな窓ガラスの掃除。
日常的に思い立ったらすぐに掃除するようになれば、大がかりな掃除など必要ありません。
そのためには気軽に取り組める掃除であることが大事です。

ちょっと時間があるから窓ガラスをキレイにしようかな?そんな気楽な掃除が良いですよね。
水とスクイージーで、手軽で仕上がりのキレイなガラス掃除を是非体感してみてください。