名古屋のガラス修理屋さん

カード支払い対応 お見積もり無料受付中 365日年中無休 即日対応します
ガラスのトラブルはおまかせください。施工実績9万件以上 割れたガラスは無料で処分します。ガラスの種類で料金は異なります。
web限定で1,000円割引いたします。名古屋のガラス修理・交換の無料電話相談はこちら。受付時間 朝7時から夜24時 土日祝・夜間対応 即日解決

冬のお悩み、結露を解決!

冬になると窓ガラスに現れる結露。ひどいと窓の下が水をこぼしたようにびちゃびちゃに。
冬場は毎日窓の周りを拭くところから1日がスタートする…なんてこともありますよね。

この結露を防ぐのに有効な対策は何でしょうか?いくつかご紹介したいと思います。

結露とは

結露は空気中の水分量が飽和状態になると現れるものです。
窓ガラスに水滴がつくのは、室内と室外の温度差が大きいことによります。

外の冷気に冷やされたガラスのまわりにある室内の空気の水分が、空気中に留まっていることができずにガラス表面に水滴となって付着します。この結露は、窓ガラスに工夫をすると防ぐことができます。

どこの家庭にもあるもので

まずは、どこの家庭にもある台所用中性洗剤でトライしてみましょう。
バケツや洗面器などの容器と計量カップ、台所用中性洗剤、タオルを用意します。

  1. 1リットルの水を容器にはかり入れ、そこに洗剤を50ミリリットルから100ミリリットル加え、しっかりと混ぜます。
  2. 用意したタオルとは別のタオルなどで窓についた結露や汚れを取っておきます。
  3. 洗剤液にタオルを浸し、しっかりと絞り、力を込めて窓を拭きます。アルミ製の窓枠は結露しやすいので、窓枠もしっかりと拭きましょう。

この方法は長期間の効果は期待できませんが、行う前と行った後にはっきりと差を感じられることと思います。
特に特別な道具も必要ありませんので、すぐにどうにかしたい時などに試してみてはどうでしょうか。
定期的に窓拭きをするのが苦ではない方に、おすすめの方法です。

結露防止シートを貼る

窓ガラスに市販の結露防止シートを貼ることでその断熱効果により結露を防ぎます。これは、結露防止シートと銘打ったものでなくても、断熱シートを貼るだけで効果が期待できます。

断熱シートを貼ることで、室外の温度を室内に伝えにくくし、窓ガラスに接した室内の空気が冷やされるのを防ぐことができます。結露は空気が冷やされることで空気中の水分が留まれずに現れるものですので、空気が冷やされる割合が減ることで結露ができにくくなります。

結露防止シートや断熱シートは安いものでは数百円ほどから購入できますが、価格によりガラスに貼った時の見た目や性能の差に開きがあります。

このシートも効果は永続ではありませんので、シートの効果が薄れたり、明らかにシートが傷んでいるなどの場合は新しいシートに交換しましょう。断熱シートは手ごろな価格で窓の断熱効果を体験できるのが利点です。

窓ガラス自体を交換する

窓ガラスを複層ガラスに交換することで結露を防止することができます。複層ガラスは1枚ガラスに比べて室内の温かさを逃がしにくく、また外気の冷たさを伝わりにくくしますので、結露防止に有効です。

複層ガラスはその厚みから、従来のサッシには対応していませんので、窓ガラスを複層ガラスに交換する際は専用のアタッチメントを用いる必要があります。
また、真空ガラスという、2枚のガラスの間に真空層を作り高断熱性能を実現したガラスもあります。

窓ガラスを断熱性能の高いものに交換することで、外が0℃を大きく下回っても結露しない、といった目をみはるような効果や、夏場、冬場の空調費の削減などにも寄与します。

複層ガラスには紫外線をカットするものや、防犯性能の高いものなどさまざまな効果を付加したものがありますので、必要な性能を持ったものを選びましょう。

まとめ

結露はただ窓ガラスが濡れて気持ちが悪いというだけでなく、窓まわりにカビが生えて美観を損なったり、健康にもよくありません。拭いても拭いても朝になると窓ガラスがびっしょりと濡れていてうんざりする方も多いはずです。

昔の家屋と違い、現代の家は隙間がありません。ぴっちりと密閉されていて断熱性が高く、室内の水分の逃げ場がないのに、窓だけは昔の1枚のガラス板のままでは、そこだけ断熱性能が劣り、結露が発生するに決まっています。

窓ガラスにもひと工夫して、冬場も快適に過ごしましょう。