名古屋のガラス修理屋さん

カード支払い対応 お見積もり無料受付中 365日年中無休 即日対応します
ガラスのトラブルはおまかせください。施工実績9万件以上 割れたガラスは無料で処分します。ガラスの種類で料金は異なります。
web限定で1,000円割引いたします。名古屋のガラス修理・交換の無料電話相談はこちら。受付時間 朝7時から夜24時 土日祝・夜間対応 即日解決

こんなにあります!窓ガラスの種類

窓ガラスというと透明な普通のガラスのイメージを持たれている方も多いと思われますが、近年ひとくちに窓ガラスと言っても、さまざまな性能を付加したものが多く製造されています。

何を重視するかにより選ぶガラスの種類が変わってきますので、それぞれのガラスの性質を良く知り、商品を選ぶ際に役立てましょう。

フロートガラス

一般的な透明のガラス板のことです。
窓ガラスに特別な性能を求めていなければ、ガラス交換の際はフロートガラスを選べばリーズナブルです。
他の特殊なガラスはほとんどがフロートガラスを加工して作られたものです。フロートガラスは、最も基本的なガラスと言えます。

合わせガラス

ガラス破損の際の破片の飛散を防ぐ加工を施したガラスです。2枚のガラス板の間に透明な樹脂膜をはさみ、熱して圧着させたもので、はさまれた樹脂膜の持つ性能により、紫外線を吸収したり、防犯、防音などの性能を発揮します。

合わせガラスはガラスの強度は強くはありませんが、たとえ割られても侵入が困難であり、防犯に役立ちます。

複層ガラス

商品名ではペアガラスなどと呼ばれる、2枚のガラス板の間に空気の層があるガラスのことです。

遮音性、断熱性に優れており、結露しにくいのが特徴です。
夏場の暑さ対策や冬場の寒さ対策として有効なガラスです。

強化ガラス

フロートガラスを加熱し、急冷して作られたガラスで、フロートガラスの3倍~4倍の強度を持つガラスのことです。

ガラス破損の際、フロートガラスのような鋭い破片ではなく、顆粒状に割れるため怪我をしにくく、安全性の高い製品ですので、小さなお子さまやペットのいる家庭では、ガラスの修理・交換の際はこちらを選ぶと良いかもしれません。

強化ガラスには、防犯性はありません。防犯目的でガラスを交換したい場合は合わせガラスを選びましょう。

網入りガラス

火災などでガラスが破損した場合に破片の落下を防ぐために、中に金属のワイヤーを入れたガラスです。
防犯目的のガラスではないので、ガラス自体や中のワイヤーに特別な強度はありません。
防犯用のガラスと間違えないように注意が必要です。

くもりガラス

ガラスの成形時に凹凸のある型に入れて成形したガラスで、表面に模様があり、向こう側が見えないため、目隠しとして外から直接覗けないように利用されることが多いガラスです。

すりガラス

フロートガラスの片面に磨り加工を施し、不透明で白く見えるように艶消しをした板ガラスで、似たものにはフロストガラスがあります。加工面を室内側に向けて用います。

熱線反射ガラス

オフィスビルなどに良く用いられる鏡のように外の景色を反射して見えるガラスのことです。
表面に金属の酸化物を焼きつけた板ガラスで、日射熱を反射し、ガラスを透過する熱の量を抑え、夏場の暑さを軽減するため冷房の効率を良くします。

壁一面が大きな窓であるなど、日差しが差し込む割合が大きい場合などには、空調の効率性を考えて、こちらのガラスを選ぶと良いでしょう。

熱線吸収ガラス

板ガラスの原材料に微量の金属成分を加えて着色されたガラスで、熱光線を吸収します。
日射熱を吸収することにより、ガラスを透過していく熱の量を抑えます。
熱線反射ガラスと同じように、冷房効率を上げ、省エネ対策として有効です。

まとめ

窓ガラスは家の顔であると言っても差し支えありません。選んだガラスにより家の外観の印象は随分変わってきます。また、窓ガラスをその性能で選ぶことも重要です。

割れた時の安全性か、防犯性か、防音に優れたものか、暑さや寒さを軽減するものか。性能にも色々あり、悩みどころですが、家族構成や家の造り、周囲の環境なども考慮に入れて、ぜひぴったりなものを見つけましょう。